ミャンマー人の技能実習生の受け入れのご相談はSCSへ。

(JITCO認定送り出し機関NO.64/2013)
   hasegawa@mmrscs.com 


SCSは送り出し機関だけにとどまらず、日本語教育センターを運営し縫製技術訓練校や外国語学校を併設しています。
また、介護補助に関しては、ヤンゴンの各介護・養護学校と協力関係を結び、原則として、卒業生のみを技能実習生選定試験の受験生として登録しております。



SCS Japanese Training Center

SCS日本語教育センターでは、海外経験の豊かな日本人講師が現地日本語講師陣と協力して、日本に入国した実習生が皆さまと少しでもコミュニケーションが取れるように、「聞く、話す」に力を入れたトレーニングを行っております。
        

AKARI GARMENT FACTORY(Sewing Training Center 縫製技術訓練校)
   Myanmar License YAKA/MEDIUM/4680

実習生として頑張る意欲も有るし性格も良く、筆記テストは優秀なのですが、キチンとした縫製技術の指導を受けていない人たちが即戦力となるように、縫製技術者の養成をしております。
実は元々、弊社の兄弟会社は1400人の従業員を有する日本向け輸出縫製工場だったのです。弊社のミャンマー共同代表もMGMA(ミャンマー縫製業協会)の副会長をしておりました。
       

SAN MYINT MO Japanese English Chinese Korean FOREIGN LANGUAGE SCHOOL
 
 Myanmar License No,27022054

本邦外に於ける事前講習のカリキュラムに基づいたSCS日本語教育センターでの日本語教育では不足なところの補完をさせて戴く外国語学校です。全体講義にとどまらず、個別対応を実践して、各受講生のレベルに合った教育を行っております。
また、新規に介護補助の送り出しが始まりますが、JLPT(日本語能力試験)N4相当の語学力を有することが入国審査の必須条件になっております。外国語学校では、JLPT N4かNAT-TEST 4級の資格を取得することを基本カリキュラムとしております。



 
サイト管理者
Success Creator Services Co.,ltd.東京事務所
〒130-0024 東京都墨田区菊川1-1-10
TEL 03-3631-3722   FAX 03-3635-7896